法人ガソリンカードはクレジット審査なし・年会費無料がお勧め!

この『法人ガソリンカード』は高速情報協同組合が発行

こんにちは、最新の “お勧め情報” をお伝えする「Recommend Style」の横山です。

今回は、クレジット審査なし・年会費無料【法人ガソリンカード】をご紹介させていただきます。

クレジット審査なし・年会費無料の【法人ガソリンカード】

この法人ガソリンカードは、高速情報協同組合が発行するものになります。

高速情報協同組合は中小企業の事業を多角的にアシストすることを目的に設立された事業協同組合で、『法人ガソリンカード』もその一環です。

このカードはクレジット審査がありませんので、たとえ新会社の法人であっても、簡単に作ることができます。

また、個人事業主さんにおいても取得可能になってます。


年会費と発行手数料は無料で、高速情報協同組合に申し込めば、ガソリンカードが発行され、ガソリンを入れた時の精算方法は法人の口座から引き落としになるので、毎回お金を払う手間が省けるようになります。

これで、いちいちガソリンを入れるたびに、社員の人達がお金を立替える必要がなくなるのです。

会社の車に乗ったときは、立替えて払っているような企業も多いと思いますが、立て替え払いを行うと、一ヶ月の金額が大きくなってしまったり、そのあとに精算という仕事が出てきてしまって面倒くさいですね。

毎日のように車に乗る仕事ならなおさらです。

そしてこの法人ガソリンカードだとカード番号ごとに給油明細表が発行されるので、経費の管理や事務処理の負担が軽くなります

月間にたくさん給油する機会があればあるほど、煩わしから解放されることになり、仕事がはかどるというわけです。

【法人ガソリンカード】の種類はこの2つ

法人ガソリンカードの種類ですが、エネオスで使用できるものか出光で使用できるものかのどちらか一方を選択することが出来ます。


エネオスの店舗は全国約11,000店舗程度あり、出光の店舗は約4,000店舗程度あります。

全国を走り回る営業車などで使用する場合は、店舗数が多いのでエネオスの店舗の方がおすすめです。


一方、出光のカードは、普段利用しているガソリンスタンドのほうが会社に近い場合は出光をチョイスするといいでしょう。

また、多少ですが、出光のほうが発行が早い傾向にあります。


いずれにしろ、あくまでも法人のガソリンカードなので、会社にとって一番メリットのあるほうを選択すべきです。

会社の近くにあるガソリンスタンドの種類で選んでも良いですし、全国で車を使用することが多いから店舗数が多いエネオスの方を選択しても良いでしょう。

普段、社員の人達が使用する可能性の高い方を選んでおくとベターだと言えます。

ちなみに一枚でエネオスの店舗と出光の店舗の両方で使用できるものはありませんので、どちらかを必ず選ぶ必要があるのでご注意ください。

【法人ガソリンカード】の特徴

■新会社でも作れる後払い型

このガソリンカードの特徴としてあげられるのは、新会社でも作ることが出来る後払い型のカードという点です。

クレジット会社の審査がないので、新しく立ち上げた法人でも作ることが簡単なのです。

起業したばかりの新しい法人などは、審査を通過するのは実は至難の業となっているのが現状です。

当たり前なのですが、実績のある会社と実績のない会社とでは、実績のある会社の方が有利となっています。

しかし審査の必要がなく、新会社でも作ることが出来る上に、後払い型というメリットまでついているのが法人ガソリンカードです。

会社のガソリン代を支払うためにも必要不可欠なものなのに、新しい会社ではなかなか審査を通過しないのでは困ってしまいます。

また、個人事業主でも審査不要なので簡単に作ることが可能です。

個人事業主の方がさらに普通は審査が厳しくなっているのが現状なので、審査が不要という点は素晴らしいメリットであると言えます。

その場で代金を払うわけではなく後払い型になるので、売掛金の回収が終わってから金額的にも余裕をもって支払うことが可能な点も法人ガソリンカードが人気のポイントであります。


■カードの維持費はゼロ

法人ガソリンカードは、維持するのにかかる経費はかかりません。

年会費、発行手数料は無料となってます。

普通のカードものであれば発行手数料がかかったり、年会費がそれなりの金額であったりと、それなりに維持費がかかったりしてしまうものなのですが、こちらはクレジット機能がついていないので年会費も発行手数料も維持費もゼロ円となっています。

今の日本の景気の悪さゆえ、どこの企業も個人事業主も経費の削減というのは大きなテーマとなっています。

年会費が年に何万円とか何十万円もかかってしまうようなものは維持する必要があるのかと、真っ先に廃止の案件に挙がりがちです。

その点、法人ガソリンカードは年会費や維持費などが一切かからないどころか、発行手数料もゼロ円なので、中小の企業にとっても個人事業主にとっても嬉しいポイントであると言えます。

また、これからのことも考えて、とりあえず発行して持っているだけでもよいでしょう。

社用車を使用して仕事をしている法人や個人事業主であれば、こちらを作っておくことに超したことはありません。

とくに新しく会社を立ち上げたりする際には経費がかかりがちなので、なるべく安く抑えましょう。


■全国で使えて同一価格

実は地域によって、ガソリンの価格に差があるということはご存知でしょうか。

例えば、全国の価格を比較すると、レギュラーの平均が127.6(円/L)だったとき、一番安い地域で123.1(円/L)、一番高い地域で135.9(円/L)となっていました。

油槽所との距離によってどうしても価格に差が出てしまうのです。

タンカーで輸入をした原油は、製油所で精製されたあとに油槽所に運ばれます。

油槽所からタンクローリーで陸送されるので、油槽所から遠い位置にある地域は輸送コストがかかるのです。

離島なども高くなってしまうのです。

あとは、価格競争なども影響してきます。

県道や国道の街道沿いでスタンドが多数存在するような地域は、安くなる傾向があります。

しかし、ガソリンカードは全国で使用することが出来て、同一価格となっています。

ガソリン・経由価格は全国のENEOS・出光の平均価格より毎月末に算出します。

これを後決め方式をいいます。

全国均一価格になるので、出張先などの給油でも価格を気にすることなく使用することが出来ます。 ただし、高速道路での給油の金額は異なるので注意が必要です。


■給油専用のカード

この法人ガソリンカードは、ガソリン・軽油の専用(ハイオク・レギュラー・軽油)となっています。

また、クレジット機能がついていないことから、間違えてほかの経費に使用してしまうようことは絶対に起こらないので安心です。

そのため、社員による不正使用などの可能性も低くなります。

導入することによって、企業の経費利用の透明化や合理化にもつながっていくのです。

運送業や外回りの営業車の使用が多い企業などは、とくにメリットが大きくなるでしょう。

ただし洗車やオイル交換等には使用することが出来ないので、洗車やオイル交換などを利用した際には、現金や他の決済方法で払う必要があります。

しかし、他のことに使用できないという点は、大きなメリットでもあります。

落としてしまった場合でも、普通にクレジット機能がついてしまうと、届出などを急がないと不正に使用されてしまう可能性が高いので、何かと面倒になります。

ところが、クレジット機能が付いてない法人ガソリンカードの場合は、拾い主が勝手に給油に使用しない限りは、不正に利用される心配はありませんので、少し猶予があり、最小限に被害を抑えることが出来ることでしょう。


■レンタカーでも給油が可能

レンタカーでも給油が可能になっています。

車両の限定はされていないので、どの車でもガソリンカードを使用することが出来ます。

車両が限定がされてしまうと、例えば営業車を何台か保有していて、営業マンによってその日の業務によって乗り分けている場合、車両にあわせたものを持っていかないと使用できないということになってしまい、非常に不便であることが予想されます。

ずっと車の中に置いておけるものではないので、車を使用するたびに該当のものを持って乗らなければならなくなってしまいます。

しかし車両の限定がされていないのであれば、一枚持っていけばどの車でも使用することが出来るので非常にスムーズです。

また、出張先などでレンタカーを借りて営業などに行く場合、その際も法人ガソリンカードを利用することが出来るのです。

現金などで精算する手間が省けるので、出張精算のときにも気を使う必要がありません。

企業側からの利点で考えると、支払いの手間や経費精算の手間が省略できるのと一緒に、誰がいつどこでいくら使ったのかが明細を見ればわかるので、空出張などの悪質な行為の抑制にも繋がってきます。


■面倒な経費処理の手間が省ける

ガソリンカードの使用は、面倒な経理処理の時間を短縮することが出来ます。

後日、いつ誰がどこのスタンドでいくら使ったかが明細を見ればわかるので、経費の処理も経理などがまとめて簡単に処理を行うことが可能なのです。

一件一件精算や計上をする必要がないので、かなりの時間短縮につながるでしょう。

一人一人の営業マンなどが現金で使用した経費を精算をすると、事前に現金を持たせる必要があったり、後日、現金で使用した分を精算する手間がどうしても発生してきますが、カードを使用した場合はその手間が一切発生しません。

後日届く明細を見れば使用の明細や金額などが一目瞭然なので、例えば会社の経費を不正に使用していればすぐにわかります。

また、会社の経費を不正に利用すれば、すぐにわかるということが社員側の頭にもあるので、不正に使用する抑止の役割も期待することが出来るのです。


■最初に必要な金額

カードを作る際ですが、法人ガソリンカードの発行は、高速情報協同組合の会員のみを対象としています。

そのことから、一番最初に、高速情報協同組合に加入する必要があります。

高速情報協同組合の加入には、出資金が10,000円の支払いが必要となってきます。

これは、倒産などのリスクを回避するために必ず必要な金額となっていますが、しかし組合を退会するときには出資金は返金されます。

【法人ガソリンカード】に必要書類と申し込み手順

申し込む際の必要書類ですが、法人の場合は、公的書類(履歴事項全部証明書の写し可で3ヶ月以内に取得したもの、代表者の運転免許証等の身分証明書の写し)が必要となってきますので事前に用意をしておきましょう。

個人事業者の場合は確定申告書(写し)と代表者運転免許証等の身分証明書(写し)が必要となります。

申し込み手順は非常に簡単で、まずは公式ホームページにある申し込みフォームに必要事項を記入してから、送信ボタンをクリックします。

申し込みフォームから組合にデータが到着後、組合より必要書類が記入した住所あてに届きます。

申し込み用紙・書類に記入・捺印をして、組合まで返送します。

捺印を忘れないように注意しましょう。

そのあとに出資金10,000円を振り込む手順となっています。

出資金の振り込み先に関しては、書類一式と一緒にお知らせするようになっていますのでそちらで確認してください。

ただし、法人ガソリンカードの発行には、組合独自の規定の審査があります。

まとめ

法人ガソリンカードは、ほかの種類のガソリンカードとは違って、年会費、維持費、発行手数料がかかりません。

最初にかかる経費は出資金の10,000円だけになります。

この出資金も1社につき10,000円となっているので、新しく法人を立ち上げた際にかかる経費を少なく抑えることが可能です。

給油などにしか使用できないようになっているので、不正利用などを防ぐことが可能です。

エネオスか出光かを選択する必要がありますが、全国どこのスタンドでも使用することが出来るので非常に便利です。

料金に関しては、全国同一金額を設定しているので計算しやすいです。

営業マン一人一人に現金を持たせたり、あとから精算する必要がなくなるので、事務処理の合理化や時間の短縮にもつながってきます。

明細にどこのスタンドで誰がいくら使用したかが記載されるので、経費の不正利用の防止や空出張の抑制効果も期待することが可能です。

車両の固定はされていないため、レンタカーなどにも使用することが可能で、出張などで遠出した場合にも使用することが出来るので、仕事がしやすくなるというメリットもあります。

このように法人ガソリンカードは、法人を立ち上げたばかりの企業、また個人事業主にとっては、とっても便利なカードとなっています。


詳細・お申込み

高速情報協同組合のガソリンカードはコチラへ


■LINK■
  • 新会社でも作れる法人ETC専用カード

    会社(中小企業)では個人のクレジットカードのようにETCカードを簡単に作れない為、困っている会社がたくさんあります。理由としてクレジット会社が、会社(企業)に対し保証を出さない為、カードを発行してくれないからです。それを解消するのが高速情報協同組合のETCカードです。